投稿日:

開墾から15年が経ちました。

故郷の原風景を残すべく、耕作放棄地の開墾から15年が経ちました。

無謀と言われた農地の開墾時代から「夢」を描き、追いかけ

実現に向けてマイペースながらも邁進して参りました。

今回は、15年前を振り返り、当社の原点を知っていただきたく

以下の文章を掲載いたします。

 

土と草の香り。青い空に輝く太陽。
勝沼、鳥居平。眼下に広がる扇状地は、まるでおもちゃの箱庭。
山の頂上に近い急斜面の中腹に、へばり付くように広がる葡萄畑。
色づき始めた葡萄の中で、汗を流す男たち。
眩しい空を仰ぐ顔に笑顔がこぼれる。
「自分たちの手で、畑を創る。葡萄を作る。ワインを造る。」
単純だが困難な夢は、実った葡萄に象徴される。
株式会社「東夢」。
第二の人生は、荒れた畑を復活させ、葡萄を実らせることだけに注がれた。
もうすぐ収穫の時。吹き出す汗は風が拭ってくれる。

「さて、どうしたものか…」
眼前を広がる急斜面。
荒れた樹木が生い茂り、下草の中には朽ちた木片や針金さえのぞく。
ここはかつて、豊かな葡萄畑だった。
青空を浸食するように迫る斜面を見上げる。2002年の夏である。
生れ育った土地である。朽ちた畑を放ってはおけない。
会社を定年退職した高野は、その思いだけで荒地に踏み入った。
最初は高野と、高野を見かねた会社の先輩、田中の二人だけだった。
農業機械さえ受け付けない傾斜地で、鎌を手に一年半、ようやく整地を終える。
しかし、初めての葡萄栽培は害虫にやられて失敗。
台風のため、開墾した斜面を流されたこともある。
「葡萄畑を蘇らせたい」…
無謀なチャレンジから五年。
約六千平方㍍の畑に、やっと美しい葡萄が実った。
退職した仲間は五人になっていた。

畑に広がるのはヨーロッパなどでよく見られる垣根栽培の葡萄たち。
「本場フランスのやり方で赤ワインを作って、飲み比べてやろう」
どうせ一から自分たちでつくるのだからと、遊び心で選んだ栽培方法だ。
ここ鳥居平は日当りも水はけも良好。
さらに山頂近くのこの畑は、昼夜の寒暖差もある。
葡萄やワインの産地として有名な勝沼の中でも屈指の好条件だ。
そこでカベルネ・ソービニヨンやメルローといった葡萄をつくるのだ。
その葡萄でワインをつくるのだ。
山梨の、勝沼の、鳥居平の、荒れた畑を甦らせた。
そこで手塩にかけて葡萄をつくった。
美味いワインができないはずがない。

「どこにもないお酒をつくってやる」
収穫する葡萄の一粒を、醸造されたワインの一滴に、大切に、大切に。
そしてついに夢の挑戦は赤ワインだけには留まらなかった。
高野の遊び心に火がついた。
芋や麦や黒糖、それらからは焼酎ができる。
それなら葡萄で焼酎はつくれないものか?
地元の畑仲間から甲州葡萄を買い入れ、甲州葡萄100%の白ワインをつくった。
次には甲州葡萄100%のホワイトブランデーをつくった。
そして甲州葡萄100%のワインとブランデーをブレンドする。
そしてテイスティング。「美味い」。
世界唯一の葡萄の焼酎「葡蘭酎」の誕生である。

たった一人の思いから、同世代の仲間を巻き込み、
大きく膨らむ「東夢」の夢。
見渡せば、後継者不足で放置された農地がつらなる。
「人の手を待つ農耕地がここにはある」
サラリーマン時代には味わえなかった感動を、
多くの人と共有したい。
皆で土地を蘇らせたい。
「東夢」が描くのは、第二の人生を謳歌する人たちでつくる農業法人。
ここには土があり、太陽があり、風がある。
作物を作り出す情熱を、人の手を待つ休耕地がある。
農業にささやかな夢を見る人が増える日本。
夢の実現はそうたやすくはないだろう。
しかし同じような夢を抱く仲間たちは、日本中にきっといる。

 

これが東夢の原点、始まりです。

今回、原点である農地(現自社圃場)の見学会をゴールデンウィークに開催しようと思っております。

近々、圃場見学会イベントの詳細をこのブログにて掲載予定です。

ご期待ください。

 

開墾時代の精神を紡ぎ、次の10年へ継承し活かすべく新たなスタートに立ち、次のステージを目指します。
私たちは、未来に向かって「夢」を描き続けこれからも前進していきます。

投稿日:

2回も若い芽を摘んでしまいました。

罪でしょうか !

摘みでしょうか ? !

ワイナリー隣のぶどう畑の中に頭を出した「フキノトウ」を摘んで

しまいました。

今回が2回目の収穫です。

本人は全然罪の意識はありません。

今晩春の香りを頂きます。

すでにのどが鳴ります。ゴクン! ゴクン!

春の訪れ フキノトウ

 

 

 

 

 

 

 

天ぷらとフキみそで、冷えたビール・冷えた甲州種白ワイン・

ビジュノワール赤ワインとなります。

なになに、山菜に赤ワイン、合わないのではとの声が聞こえるようですネ。

いいんです、お酒のつまみは、本人の好きなものが一番美味しいのです。

なになになに・に、どこで収穫したのか? 教・え・ま・せ・んョ !

ヒント、ワイナリー東側です。一週間後にまた収穫に行ってみまーす。

(私は料理ができません作ってもらいます)  記:向き不向きより前向き

投稿日:

勝沼ワイン村「甲州ワインと広島産牡蠣」

24日、この季節としては暖かな良き日となりました。

25名のワイナリースタッフは前日に続いて早朝からの

準備で大忙しです。

東夢ワイナリーと7社のワイン村入居予定代表者の皆さんが、

受付用テント、テーブル・椅子設定、炭おこし、女性軍は

つまみの準備等で11時には準備完了。

高野会長と7社の代表者
将来はソムリエさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即、高野会長の挨拶、入居ワイナリー代表者の挨拶と続き、

参加者60名が高野会長の音頭で乾杯。

酔うし 乾杯

 

 

 

 

 

 

 

以降は、ワインと共に牡蠣、焼きおにぎり、豚汁等つまみに

グラスを傾け続けました。

各テーブルの皆様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京からのいつもの西村様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、甲州白ワインと焼牡蠣をつまみにうんちくを語って

おりましたが途中からは、飲んで飲んでまた飲んでの状況で

楽しい試飲会となりました。

各ワイナリーの試飲風景

吉原代表

 

 

 

 

 

 

後藤代表と渡辺哲也代表
渡辺隆仁代表

 

 

 

 

 

 

 

ケアフットテーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏方さん

牡蠣担当
牡蠣美味しく焼けました

 

 

 

 

 

 

 

焼きおにぎりもできました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記:向き不向きより前向き

 

投稿日:

バレンタインデー

おはようございます。

机にはバレンタインデーの贈り物「手作りチョコケーキ」

夕方までじっと我慢して、おじさん達は頂きました。

東夢ワイナリーをこよなく愛し続けるお嬢さんから「TOUMU」の名入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方は、

クッキーを砕いてバターと混ぜ冷蔵庫で冷やしてタルトを作り

チョコレートを流し込み後は秘密だそうです。

味は、タルトの歯触りとチョコレートの甘味のバランスがとて

も良く思わず2個目のチョコに手が伸びました。

プレゼントを届けてくれた人は若い女性で、東夢ワイナリーを

こよなく愛し続けるお嬢さんです。

記:向き不向きより前向き

投稿日:

東夢ワイナリーをこよなく愛し続ける仲間の新年会

2月9日石和常磐ホテルで、東夢ワイナリー、東夢農場、東夢農能工房、

勝沼ワイン村加入者の合計19名で、厳かの中にも、いつも通りの、ワイ

ワイガヤガヤ、呑めシーの宴が始まりました。

飲まない前のおじさん達

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、高野会長の挨拶、東夢農場池田社長の乾杯の挨拶と続きました。

今回は60分間カニの食べ放題を入れて、宴会のスタートダッシュを掛けました。

食べ放題スタート
高野会長ワインよりカニカニカニ。池田社長カニよりワインワインワイン

 

 

 

 

 

 

 

 

全員カニと勝負
隣に負けてなるものか

 

 

 

 

 

 

カニもいいが俺の歌を聞いとくれ!? カニには負けたよ 田中さんより

 

 

 

 

 

 

 

 

宴は、カラオケ、呑めシー、ワインのうんちくで深夜2時まで続きました。

高野会長は2時頃布団に入ったが寝られず4時に起きて一番風呂を楽しみました。

朝食は、おじさん達は7時30分からの朝食を待ちきれず頂きました。

卵を頂き、まず、ご飯に卵掛け、みそ汁に卵を入れ、焼き物の中に目玉焼きを作り

完食、元気いっぱいの朝のスタートです。 元気元気なおじさん達の集団です。

記:向き不向きより前向き