に投稿

色付きが始まりました

先々週位から早生品種ではベレーゾン期に入ってきました。

勝沼界隈の畑を見てみるとデラウェアなどはかなり色が入っているように思います。。

ベレーゾン期とは、「軟化期」と呼ばれ、果実が柔らかくなってくる時期です。

スペルは「VERAISON」ですが、呼び方は人それぞれで、べレゾン、ベレーゾン、ベレゾーンのように異なっています。

この時期になると赤系、黒系では色が入るようになります。

房の数粒に色が入ったりすることを「飛び玉」、「色が飛ぶ」、「玉が飛ぶ」などの表現をしたりします。

ここから徐々に全体に色が入り、糖度も上がってきます。

品種によっては香りが出てきて、畑にいるだけでも香りを感じられる品種もあります。

勝沼では40度を超える日や長雨で冷涼な日があったりと気候は不安定ですが、収穫に向けて成長していく姿を見るのが楽しみです。