に投稿 コメントを残す

「春風接人」

ブログに乗せる話題が本日はありません。

何かないか考えていると、机の中から以前紹介した「この指とまれ」と言う

後援会情報誌を見つけ「春風接人」の内容が私(山岸)に言い聞かせるには良

い内容なので紹介させていただきます。

「春風接人」

「春風をもって人に接し、秋霜をもって自らを慎むべし」という言葉があり

ます。

春風のように、暖かい気持ちをもって人に接し、秋の霜のように厳しく自分

を見つめよということです。言葉で言うことは簡単ですが、人間として最も

難しいことを短く言い表した言葉です。

人を責めるが如く、己を責め、己を許すが如く人を許す、他人を叱った

りしたくなるような気分で自分自身を反省し自分を責める、逆に自分を甘

やかしたくなるような気分で他人を許すような生き方をしたら、説得力は増

し周囲からの信頼や尊敬を更に得られるものだと思います。

                              以  上

「春風接人」は大変難しい事ですがせめて今日一日春風の気分で人と接した

いと思います。

ところで、あなたは?

最後に一言

「真剣だと 知恵が出る 中途半端だと 愚痴が出る いい加減だと 言い

訳ばかり」

ところで、あなたは?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。