に投稿 コメントを残す

ぶどうの芽かき

ぶどう栽培者は、この時季に霜が降らない事を前提にぶどうの芽かき作業を

いたします。

東夢メンバーの風間さんも、ワイナリー隣の甲州種畑で芽かき作業に取り組

んでおりました。

芽かきは

 ①今年、ぶどうが実る枝を作るための作業で、写真の1枚目の写真のよう

  に1箇所から2本の芽が出ている時はどちらか一方の芽をカットし1本の

  芽とします。

 ②来年実を付けさせる枝を作るために選定して芽を残します。

 ③その他の大小の芽は全て取り除きます。

芽かき作業は人により、どの芽を残すか・育てるのか異なり大変難しい

作業となります。

また、芽かきの後霜が降ると芽が霜で枯れてしまい収穫ができなくなる

事もあります。自然との闘いです。

3枚目の写真は、天ぷらにして食べると美味しいぶどうの新芽です。

新芽の大きさを参考にして食してみては如何でしょう。

 

h22-5-13ぶどうの芽かき 003.jpg

h22-5-13ぶどうの芽かき 002.jpg

h22-5-13ぶどうの芽かき 006.jpg

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。