投稿日:

勝沼ワイン村動き出す

勝沼ワイン村の内容に付いて、甲州市の12月議会で質問があり、産業課長の答弁は「当初から市の方に相談があり、行政も各方面から相談に乗り、指導もしてきました、民間事業ではあるが地域活性に大きな効果があるものと期待している」との答弁がありました。

勝沼ワイン村株式会社では、ワイナリーの参加申し込みは年内締め切りで、昨日は用地の買収契約を結んだところです。

新年2月には確認申請・醸造免許申請と建設工事が動き出しました。

住民(サポート会員)募集も始まり、住民も増えており、ありがたいことです。

新年2月には工事着工祝いも兼ね、住民参加による「広島のカキ祭り」を計画します。50名限定にはなりますが、大勢の参加をお待ちしています。